【宅配買取】Janne Da Arc、Acid Black CherryのCDを大量にお譲り頂きました!

こんにちは! スタッフMです。

先日部屋を掃除していたら、本棚の奥からPIERROTちゃんが表紙の「Vicious」「FOOL’S MATE」が出てきました。

これ、保管用に買ったやつじゃん…。

PIERROTちゃんが表紙の時は、読み込む用と保管用に2冊買っていました。当時はそれが普通だと思っていたんですが、今思うと痛い…?

さて、今回ご紹介するバンドはこちら!

『Janne Da Arc』と『Acid Black Cherry』です!

もはや説明不要のバンドだと思いますが…

Janne Da Arcは、yasu(Vocal)、you(Guitar)、ka-yu(Bass)、kiyo(keyboard)、shuji(Drums)の5人組バンド。

Acid Black Cherryは、2007年に始動した、yasuのソロプロジェクト。

友人が大ファンで、よくライブに連れて行ってもらいましたが、ジャンヌの魅力はやっぱりライブだと思います!

1999年5月19日に発売されたデビューシングル『RED ZONE』は、すっごく聴いた…もう頭おかしいんじゃないかってくらいリピートしてた…。

1999年って、ヴィジュアル系業界にとってすごく豊作な年だと思います。DIR EN GREYやRaphaelがメジャーデビューしたり、蜉蝣やD’espairsRayが結成されたり…ってすごすぎ。

その「RED ZONE」も収録されている、ジャンヌ初のシングル曲集アルバム『SINGLES』も含む、お譲り頂いたアイテムがこちら!

「Janne Da Arc」「Acid Black Cherry」のCDをお譲り頂きました

ギャー! 素敵ー!

『SINGLES』は、右から2列目の上から3番目の可愛い男の子がジャケ写のです。

その下の女の子がジャケ写のは『ANOTHER SINGLES』で、カップリング曲を集めたもの。

ん…?

『10th Anniversary INDIES COMPLETE BOX』があるー!(デビルマンのジャケ写)

インディーズ時代にリリースした3枚のアルバムをセットにしたものです。

そしてそして、一番左上にチラッと見えるのが、2003年2月13日に発売された4枚目のアルバム『ANOTHER STORYです。

このアルバムの12曲目に収録されているのが『ヴァンパイア』という超人気曲。ライブでは、曲の終盤にyasuが観客を抱きしめて歌うような演出があります。

ダメ男にハマって、それでも愛してしまう惨めな女性、みたいな歌詞だと捉えられるかもしれませんが、曲を聴けば聴くほど、女の子の空しさや苦しさ、微かな期待や希望が感じられて、ちょっと泣きたくなります。

形振り構わず誰かを好きになるって、こういうことなのかなぁと。実際はツラいだけなんだろうけどさ。

よし、家帰ったら『ヴァンパイア』聴こう~。

良盤ディスク ヴィジュアル店のTOPへ

Twitterはこちらから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする