2014年の『PIERROT』8年振りの限定復活をちょっと振り返る。

こんにちは! スタッフMです。

長い間ヴィジュアル系バンドを追っかけていると、メンバーチェンジとか活動休止とか解散とか、数え切れない位に経験してきました。

多くのバンドが「前向きな解散」を謳って、それぞれのメンバーの新しいスタートに、背中を押すのが私たちファンが出来ること、なんて偉そうに思ったこともありました。

けれど、何の前触れもなく、突然発表されたPIERROTの「解散」

その10日前に行われたFC限定ライブが、事実上の解散ライブとなりました。

メンバー間の不和なのか、解散という名の充電期間なのか、様々な憶測と噂が駆け巡り、それでも復活を信じていたら、8年も経ってしまいました。

解散から8年後の、2014年4月12日18時。

新宿駅東口の新宿アルタビジョンのスクリーンに、10月24日・10月25日『DICTATORS CIRCUS FINAL』を、さいたまスーパーアリーナで開催する事が発表されました。

まさに青天の霹靂とも言える突然の発表に、ファンだけではなく、多くの関係者やバンドマンがTwitter等で反応。

まさに、誰もが待ち望んだ復活だったのではないでしょうか。

個人的に『ヴィジュアル系の歴史が動いた2日間』と思っている、PIERROTの2日間限りの復活ライブ。

さいたまスーパーアリーナで行われたこの2日間を、完全収録したのが、こちら。

ピエロの限定復活ライブのブルーレイの画像

『DICTATORS CIRCUS FINAL 2014.10.24 – I SAID 「HELLO」- 2014.10.25 – BIRTHDAY – at SAITAMA SUPER ARENA

2014年11月25日に発売された、完全受注限定盤です。

これとは別に、日別の模様を収録した通常盤も、同時発売されました。

今はそれぞれのバンドで活動・活躍しているメンバーですが、またあの5人が揃う時が来ればいいなぁ、なんて思います。

やっぱりね、言い方は悪いですけど、ああいう終わり方で、突然の限定復活で、戸惑わせて混乱させて振り回して、まったくもう!って思いましたが、嫌いになれない(笑)

次も8年後かなぁ…2022年かなぁ、なんて。

そんないつかをのんびり待っています。

おわり。

良盤ディスク ヴィジュアル店 PIERROTページのTOPへ

Twitterでフォローを是非宜しくお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする