MERRY(メリー)を好きになったきっかけと諸々

私がMERRYを好きになったきっかけは、前バンドからの流れでして…。

Vo.ガラさんとDr.ネロさんが所属していた『After effect』※というバンドが好きだったので、2001年に解散した後「次はどんなバンドをやるのかなぁ」と思っていました。

※メンバーには、バロックの万作さんやヴィドールのHIDEさんも在籍。

そして、2002年に雑誌『FOOL’S MATE(フールズメイト)』で通信限定販売(他にも店頭盤あり)された『はいからさんが通る』を聴いて「あ…」と。

ちょっとちょっとこれいいんじゃないの…。

その3か月後に『東京テレホン』を追加して、全4曲入りとして発売された『はいからさんが通る(2ndプレス)』のジャケットのイラストに一目惚れ(笑)

「あぁもうこれダメだ…」と。

これは追いかけるしかないでしょ…と長年のバンギャ魂が爆発した感じです。

【お詫び】自宅にあるはずの『はいからさんが通る(2ndプレス)』を探しているのですが、未だに見つからず…。MERRYのCD棚からすっぽり1枚分抜けてるんだけど、どこに行ったのかしら…。好き過ぎて食べたかもしれない。

健一くんが可愛くて。ネロさんの熱いポエムである、ネロリズムに背中を押されて、彼の座右の銘「全身全霊」でMERRYを贔屓して。

「MERRYのライブって楽しいなぁ」と毎回ライブ後は汗だくで思ったものです。

その後の友人たちとのファミレスでの打ち上げ(笑)も楽しくて。

人見知りの自分でも、共通の趣味があるかたと知り合って、お話ができるまでになって。

何事もきっかけだと思いますが、飛び込んだ先が心地良かったんです、私には。

コンバース買ったなぁ…。

個人的に今でも衝撃的だったのは、渋谷公会堂で2006年12月31日~2007年1月1日にかけて行われた「Many Merry Days 5th Anniversary Special 2night 〜白い羊/黒い羊〜」の、黒い羊でのガラちゃん初MCですね。

初めて聴くガラちゃんの声に、悲鳴と歓喜と戸惑いがホール全体を包んだ感じでした。

「え、誰? ガラ? ガラなの!?」

目の前で起きていることが信じられませんでした。

結成当初から「喋らない設定」で、お習字で自身の気持ちを伝えていた彼が、初めて自分の声で、自分の言葉で、MCをしたこと。

自身のイメージとか、バンドのイメージとか、口を開くことによって180度変わってしまうかも、という怖さも多少あったと思います。

それでも彼が声を出してくれた勇気に、割れんばかりの拍手が起こりました。

個人的な意見で申し訳ないのですが、もう健くんが好きで好きで…(笑)

群馬の天使だよ…。

群馬は魔王から天使まで溢れててツライ…天国此処にあったわ…。

私服の、デニムオンデニムには、当時ものすごい衝撃を受けたのですが。

メンバー全員で某神社に行って、お蕎麦を食べたってやつだったかと。

でもデニムオンデニム、最近普通になってきましたよね。

健くん、時代の先を行き過ぎていただけなのね。

銀髪からもじゃもじゃパーマになったり、髭生えたり、見た目の変化も楽しいひと。

某店舗の握手会イベントに参加した時、お話をさせて頂きましたが、

もう全部可愛かった…。

女性の「カワイイ」は当てにならないとか言いますが、

間違いなく可愛かった。

今でも全身全霊で、メンバー全員を贔屓しています!

--------
良盤ディスク ヴィジュアル店 MERRY(メリー)のページはこちらから御覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする