はじめまして。DIR EN GREY(ディルアングレイ)が大好きな、虜のスタッフSです!

はじめまして、スタッフSです!

大好きなDIR EN GREY(ディルアングレイ)の懐かしいアイテム、

大量にお譲り頂きました! 

その一部をご紹介します!

GAUZE(ガーゼ)懐かしい…!

1999年7月28日に発売された、メジャー1stアルバムです。

まさに「V系」といった『ゆらめき』『Cage』『予感』など、メロディーに重点をおいた曲がありつつも、『残-ZAN-『Schweinの椅子』『mazohyst of decadence』など、当時の他のV系バンドでは決して聴けないような、激しくも怪しい雰囲気を持つ曲もあり、学生の頃は何度もリピートしていました。

『アクロの丘』も収録され、DIR EN GREYを知る上でぴったりの1枚かと。

ちなみに、このブログにちょくちょく登場するスタッフM(ピエラー)のお気に入り曲は『raison detre』『304号室、白死の桜』とのことです。ほう…。

スタッフSは、このブログでは「はじめまして」なので、DIR EN GREYを好きになったきっかけを。

中学生の頃、V系や洋楽バンドなどの激しい音楽を聴いている時、DIR EN GREYの名前を知り、一番最初に聴いたのが『DRAIN AWAY』という曲でした。
当時は、とにかく激しい曲が聴きたくて様々なバンドを聴いていましたが、ここまで激しく、繊細で、叙情的なバンドがいたことに驚きました。
そのまま、メジャーデビューからのシングルやアルバムを買い漁り、今でも聴き続けています。

DIR EN GREYは、聴いてもいいし、見てもいい。

ということで、2000年7月19日に発売された初のオフィシャル写真集『視覚 [a dead angle]』も!

18年前からキュートです。

素敵なグッズをお譲り頂き、ありがとうございました!!

良盤ディスク ヴィジュアル店 DIR EN GREY、sukekiyoページも是非ご覧ください!

Twitterのフォローも宜しくお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする